ひらひらと

アクセスカウンタ

zoom RSS ときの箱

<<   作成日時 : 2017/03/10 20:21   >>

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 4

画像




自動ドアがひらきます
淡いピンクの装いの微風が
お掃除したばかりのつんとする匂いをやわらげて
ふりかかってきて

『なにかお手伝いしましょうか』と耳もとでささやきます

わたしの相手はいつだって
海や木やノラネコや電柱ばかりで
話しことばのやりとりなんて
久しぶりで
ちょっとしどろもどろになって

でもやわらかい風はぬくもりがあって
『ああっのっう』と
わたしがチケットを出しながらどもっただけで

そっと
わたしの指先から紙片をぬいて
すぐのみこんで
わたしを導いてくれます

わたしは壁まで背中をなでられて
さすられて
『ここで』と告げられて
そこでたたずんでいると

いつか
目のまえの区切られたいち面が口を開けて
さっとあらわれた
直方体の箱から白い光があふれて
わたしをくるんで
『はやくお入りよ』と誘います

箱の隅に小さい男の子がいます

『出なくてもいいんだね』
閉まってしまうよ
閉じこめられてしまうよ

わたしは
話しことばに慣れたわけでもないのに
どうせ答えはないって決めつけて
さりげなく声をかけます

案のじょう
男の子はうつむいたまま顔もあげません

わたしはかえって親近感を覚えて
おだやかな気分になります

ときおり
舟ゆれがきて
眩しい白い光りが灰色になったり黒ずんだりします
わたしはむしろ閉所にかたよりがちで
いっそ光りをなくして
どこまでも
いつまでも
このまま続いていけばいいのにと願っても

そんな願いは叶うはずもなく
箱はゆらゆらして
まもなく揺れは止まって
おなじ面がふたたびスライドします

男の子はじっとしたままです
わたしは箱を出ます
後ろから閉塞のきしみ音が伝わってきます

わたしはむしろ
置き去りにされたのでしょうか
つい当惑してしまいます

ヒトがあふれかえっています

長椅子にくまなくすわって
あちこち歩き回って
壁に寄りかかって
スマホを傾けて
窓の外を眺めて

そこには
危うい衝動が影になってひそんでいて

おしゃべり
アナウンス
靴音
衣擦れ
さまざまな音をともなって

わたしの古傷を逆なでします

風さえここぞとばかりに
唸って
脅し見下し嘲って
傍若無人にくるくるまわります

『もうたくさん』

わたしは耳をふさぎ
目をつむり
口をかたく結びます

こんなところに来るんじゃなかった
踵をかえします

かえしながら
さっきの男の子のことが頭をよぎります

痩せて
ちっぽけで
おどおどしてて
着ているものは粗末で古めかしくて
足もとも靴下のない穴あきズックで

顔を確かめることはできませんでしたが
どこか見覚えがあって
懐かしさがこみあげてきて
胸がつまって

もしかすると
ひょっとすると

あの子は
わたしだったのでしょうか

もしかすると
たまたまなんかじゃなくて

あの箱は
過ぎ去ったときをしなやかに反らして
曲げて
歪めて
交叉させて
あの子とわたしを会わせたのでしょうか

そうすると
あの子はてっぺんまであがって
そこで箱を出て

こそこそドブネズミみたいに
急いだり立止まったり戻ったり角を曲がったりして
ついの
行き先を探しているのでしょうか

そんなことはない
そのはずです

どこからか後押しの突風が吹きつけてきます
あの子を探すつもりはありませんが

わたしは
いま
出てきたばかりの箱が開くのを待っています

あの子があの箱にまだ閉じこもっていて
また会えたなら
黙ったまましっかり抱きしめて
しゃくりあげて

ヒトになんと言われようとかまいません

あの子の心の傷を舐めてあげましょう
わたしこそがそれにふさわしくて
ときの箱の
そのなかで

だからどうぞ
そこにとどまっていて

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ただただ一言。
え〜〜〜な〜ナイス!
ゆらり人
2017/03/11 17:17
ありがとうございます。

なかなか明るくなれなくて・・・、
でも、ゆらり人さんの一言だけで、
パッと明るくなりました。
(単純さだけがとりえ!!)
ひらひらと
2017/03/11 18:57
ひらひらとさん、こんにちわ!
へ〜〜そ〜なんや!煮物ができますか〜。私は苦手なんです。どこまで煮詰めたらちょうどいい味になり濃さになるかが極められません。特に煮魚が好きなんですが、どうも納得できる味になりません。料理をするときも私は一時も離れることが出来ずお鍋のそばに終わるまで見張ってないと不安なんです。煮物は時間がかかるのでその様な癖の為
しないんでしょうね。煮物は冷めるときに味が入ると聞きますが・・・・・。待てないです・・・・・。
何時もありがとうございます。
ゆらり人
2017/03/14 12:11
わかります。

確かに、
煮物はお鍋のそばを見張っていないと不安ですよね。
大体の目安を決めて、
このくらいの時間なら大丈夫ときめても、
ブログの記事を書いていたりしたら、
つい時間を忘れて、
あわてて階下に降りて・・・!

水が無くなって焦げてしまって、
鍋までだめにしてしまったことが、
何度かあります。

味はきっといい加減です。
ただこれだけ時間をかけたんだから、
これだけ手間をかけたんだから、
きっと比例しておいしいはず!!

そんなひとりよがりの確信をもって(苦笑)

コメント、ありがとうございます。
ひらひらと
2017/03/14 12:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
ときの箱 ひらひらと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる