ひらひらと

アクセスカウンタ

zoom RSS はな歌で

<<   作成日時 : 2017/03/17 21:06   >>

ナイス ブログ気持玉 33 / トラックバック 0 / コメント 2

画像






どうして飛ばないの?

この狭い商店街にトラックがはいってきたのに
まだ
路上のまんなかで
とがった尾をふってよちよち歩きして

轢かれてしまうよ
はやくよけないと

踏みつぶされてしまってもいいの?

わたしはトラックが行き過ぎるまで
自転車に乗っかったまま
ショ−ウィンドウ近くに止まって

路上のセキレイを眺めています
いらいらして
じりじりして

轢かれるはずはないってわかっていても

『はやく飛び上がりなよ』

わたしの内なる声なんてはねのけて
むしろ
真ん中を行ったり来たりして
まるで試してるみたいに

わたしの思惑や顔色を
セキレイ自身の素早さやプライドを

わたしは目をそらすことができなくて
しだいに
自分の小心さや苦労性に嫌気がさしてきます

そのかんにも
トラックはスピ−ドを落としもしないで
すぐ間近まできていて
あっ
轢かれる
その寸前に

飛ぶ

そう見えた
けれども飛んではいません
翼を広げてはいません

よちよち歩きのまま
なにもなかったように
さりげなく自然に
よけたのです

つい
ため息がでてしまいました

とうのセキレイは
白と黒のよそおいでつつましげに
すべるように
わたしのほうに近づいてきます

『心配させないでよね』

わたしはなげやりに呟いて

でもセキレイはそんな呟きを首でふり払って
ちらっと顔を上げて

『あんなのにやられてたら生きていけないよ』

そう言いかえして
街路のまんなかを波をうって飛び
それから灰色の空に溶けて
すっと消えてしまいました




『待って』

どんなに叫んでも
おまえはふり返りません

わたしは急ぎ足になって
いつか走って

追いつきそうになると

歩道のプレ−トが爪を立て
口を開け
震災の
瓦礫になって
あざわらいます

わたしは
つまずきそうになって
走ることができないばかりか
歩くことさえむずかしくなって
おまえとの距離はいっそう広がるばかりです

お店の赤レンガは崩れかけて
『けがをしても知らないよ』と警告してきます

ノボリがはためいて
ひとつ覚えの
『バカバカバカ』を連呼します

すぐそばを行く車がけたたましく
『そこどけそこどけ』とホーンを鳴らします

まわりの何もかもが
町が
わたしの行く手を阻んでいるようにみえました

息はきれて
のどはかれて
わたしはもう動けません

体を曲げて
膝に手をおいて
おまえの後ろ姿をながめます

まもなく
おまえは角のビルを曲がり
消えてしまいます

こんなにも心をこめて
こんなにも追い求めてるのに

せめて
ちらっと顔だけ見せて
片手をふって
わたしに別れの合図だけでも残してくれてもよかったのに

教えてほしいのです

おまえの名は
どっちなの

希望か絶望か




春雨が小雨がむら雨がとおりすぎて
濡れて
濡れついでに
しっとりした野原に倒れて
仰向けになって
雑草の
やわらかい土くれの雨水の
にじんでくるのをうけとめて
体が冷たくて
痛みを通りこして痺れてきます

それでも
土と草の匂いはほのかにのぼり
可憐な花の色彩は砕けて散って
わたしをつつみます

『もう降らないの?』

えっ
わたしは顔を横にして
耳をそばだてます

風にそよぐ花びらがさっと砕けた紫色のかけらをよせあつめて
小声で訊ねているのです

わたしにではありません
雲に

空は明るい灰色になって
黒ずんだところはかえって青空の斑点みたいに見えて
もう雨はすっかりやんでいます

でも
花びらの声に呼応して
雲は黒い斑点をよせあつめて
山を下り
木々をつつみ
銀色の鉄塔を塗りつぶして
あたりに漂って

『ずっと乾燥しきっていたものね』
肩にずしりとくる重荷を背負ってやって来たのさ
でも
もう帰るからさ

黒い斑点はあっという間に消えて
空のいっ画に日がさしてきます

冷気のせいでわたしの目はうるんで
空は
その日ざしを虹色のタクトにして
すぐそばまで伸ばして
テンポをきざみます

音楽がはじまりました

山の
木々の
鉄塔の
鉄塔と鉄塔をつなぐ五線譜の
葉の茂みの
草花の
それらのふるえる声を
いっせいに和して

わたしもつられて歌います

あのセキレイの波にのって
うきうきして
おまえを思い出して
希望の
まわりの雑草たちにまじって
喜びの
詞のひとつもつかない
はな歌で

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 33
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんいちわ!なんか気持ちが和むし温かいひらひらとさんお思いが滲み出ている詩ですね。
この詩にクラッシック風の作曲をしてノラジョーンズに歌わせたらきっと素敵だと思いますね〜〜〜。
何時も素敵なコメントありがとうございます。頂くごとにまたブログ更新に積極的になれる私です。
ありがとう
ゆらり人
2017/03/22 13:05
いくらなんでも褒めすぎです。
わたしだって、
宇宙の果てのブラックホ−ルに
吸い込まれてしまいます。

でも、なんとか持ちこたえて・・・。

話は変わりますが、
ゆらり人さんのブログには、
自然にコメントができるのです。
不思議!?

コメント、ありがとうございます。
ひらひらと
2017/03/22 13:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
はな歌で ひらひらと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる